ニュースルーム

シンガポールNTUC Income保険会社が全面的に易保生命保険業務用コア・システムを採用しました 2003年1月19日

January 19, 2003

九ヶ月のカスタマイズ改造とデータ移植をした結果、易保情報システム会社の提供した新たな生命保険業務用コア・システム(易保 LifeSystem)がシンガポールの最大手総合保険グループNTUC Incomeで前のhp3000システムをディスプレースして成功に運行し始めました。この新たなシステムはNTUC Incomeの処理コストと処理時間を五十パーセントぐらい節約できます。

2002年9月契約をサインしたから僅か九ヶ月を渡り、易保がNTUC Incomeの特定な業務フローとニーズに沿い、易保LifeSystemに基づき、NTUC Incomeにカスタマイズ・デザインをした他に、大量のデータを移植し、NTUC Incomeが新たなシステムにの転移に成功できるのを保障しました。これが記録破りの動きです。国際ではこのような大規模的で複雑的な保険企業コア・ソ フト移植とデータ転移が一般的には二年間以上も掛かります。易保は九ヶ月にこのような業務を完成して、NTUC IncomeのCEO陳欽亮に高度に褒められました。

NTUC Incomeグループはシンガポール最大手総合保険会社で、30年あまりの経営歴史を持ち、総資産が100億ドルを超え、シンガポールで財産保険業務が第 一位、生命保険が第二位を占め、顧客が100万を超えます。2002年の初め、新たな競争環境の要求に沿い、コスト・ダウン、運営の効率化と品質の優れた サービスのために、NTUC Incomeは今の世界にある主な生命保険と財産保険システムを考察した後、科学的な評価を通じ、易保の生命保険コアシステム(易保 LifeSystem)、財産保険業務用コア・システムと自動車保険オンライン・クレーム処理システム(易保 AutoClaim)を選んで旧システムを全面的にディスプレースしました。易保が激烈な国際競争の中から勝ち越したのは、以下各方面の優位性があるから です。

1 易保のソフト・システムが完全に新たなJAVA/J2EE技術に基づいて開発され、三層のストラクチャーとオープ・プラットホームを採用し、国際先進性と再開発性を持っています。
2 完全な顧客中心のデザインで、マルチ・プロダクトとチャネルの顧客情報の高度的な一致性を実現しました。
3 全面的に易保の創始した影像ドライブのノン・ペーパー・ワークプロセスを採用し、保険運営のワークプロセと効率を大幅に改善しました。
4 易保ソフトのブロック化程度が高いから、カスタマイズデザインと将来さらに改めることが非常に容易です。
5 品質が国際一流の同時に、易保ソフトの総体的に所有するコストがほかの国際ライバルと比べて、ずっと低いです。

易保との合作について、NTUC Incomeの陳欽亮CEOがこう言いました、「NTUC Incomeがシンガポール最大手保険会社の一つとして、100万枚超えの生命保健証書を持ち、プロダクトが200類を超えます。我々がhp3000シス テムのディスプレースには非常に謹慎です。たくさんの世界級のシステムを考察した後、易保生命保険業務用コア・システムを選びました。今のところを見る と、これが正しい決定です。易保生命保険業務用コア・システムが一番いいSTPワーク・プロセスを持ちながら、とても柔軟です。新プロダクトのPGする準 備時間が以前の何ヶ月から今の数日に減りました。同時に、インタネットと容易に接続できるので、代理人、保険仲介人、また顧客達がネットでセルフ・ヘルプ できます。感動したのは、僅か九ヶ月で易保がニュー・システムのカスタマイズを完成しただけでなく、個人と団体保険デートの転移をもしました。革命性の持 つ成績だと言われます。」NTUC Incomeはシンガポールのある主な新聞を通して広告で新たな易保業務システムを採用することを宣伝しました。

易保情報システム会社の莫元武CEOが今度の協力について、「JAVA/J2EE技術に基づいた易保の新たな生命保険業務用コア・システムがNTUC Incomeでの部署に成功したのは易保システムの国際先進性と再開発性を証明しました。これも我々が国際市場に邁進する第一歩です。保険業向きの新たな コアソフト・サプライヤーとして、将来の国際競争に自信を持っています。」と述べました。

イーバオテックの今後のイベントや会議を見る。

報道関係者の方は、こちらまでご連絡ください。marketing@ebaotech.com.

報道関係者

報道関係のお問い合わせはこちらまで。
marketing@ebaotech.com

採用 (careers)

採用

当社の採用情報について

CSR

CSR

地域活動について